「清酒」について説明出来る人はどれくらいいるでしょうか?

 

多くの人が、「日本酒のこと」や「透明の酒」くらいにしか把握していないのではないでしょうか?

 

 

 

では「生酒」はどうでしょうか?

 

こちらも「生のお酒」など、なんだかぼんやりとした回答が多いようです。

 

どちらも正解なのですが、回答としては、80点くらいでしょうか。

 

 

具体的に違いがわかれば、理解も深まることでしょう。

 

 

「清酒」と「生酒」について、クリアにしていきましょう!

 

 

「生酒」とは?

 

生酒とは一度も「火入れ」していない日本酒のことをさします。

 

「日本酒」というカテゴリーの中の「生酒」なのですね。

 

では、キーワードとなった「火入れ」とはなんでしょう?

 

 

「火入れ」とは、日本酒を60℃前後で加熱し低温殺菌することです。

 

 

熱することで、日本酒の熟成を進ませる酵素の働きを停止し、「火落ち菌」という菌を死滅させ、日本酒が白濁することを防ぎます。

 

 

腐敗や劣化を防ぐのに重要な工程なのですね。

 

 

安定した製品作りに欠かせない工程です。

 

 

日本酒は通常、二度ほど「火入れ」を行います。

 

ただし、「火入れ」を行うと、風味や口当たりが変わってしまいます。

 

「生酒」はこれを避けるため、「火入れ」を行いません。

 

 

生酒は、新鮮さがとても重要です。

 

加熱処理をしていないので劣化が早く、一般のスーパーや酒屋での取り扱いが難しく、地元や酒蔵でしか味わえません。

 

当然保存は、冷蔵保存です。

 

「生酒」は、酵母や微生物が生きています。

 

高温多湿の場所では、それらが活発に活動してしまい、味の劣化が早く進んでしまいます。

 

「生酒」は、新鮮さが命なので開封後は早めに飲みきりましょう。

 

 

私が初めて生酒をいただいたのは、旅先のお蕎麦屋さんだったのですが、その時は、「生酒」がどういうものかを知りませんでした。

 

日本酒を頼んだら、お店の方に、「今、生酒あるからそちらにしませんか?とても美味しいですよ。」と勧められました。

 

よく冷やされていて飲んでみたら、とてもまろやかで口当たりがよく、「なんだこれは!」と思いました。

 

また、お蕎麦ととても相性が良いです。お勧めです!

 

口当たりが良いので、普段日本酒が辛く感じる方も、美味しくいただくことが出来ます。

 

季節は、冬本番から春くらいまで出回りますので、ぜひ試してみてください!

 

 

「清酒」とは?

 

 

「清酒」=「日本酒」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

間違いではありません。

 

 

「清酒」とは、アルコール度数22度未満の「日本酒」のことです。

 

 

そして、原料に必ずお米を使い、「濾す」工程が必須です。

 

それなので、「どぶろく」のように「濾す」工程がない場合は、「清酒」ではなく、「その他の醸造酒」となってしまうのですね。

 

 

では、22度を超える日本酒は日本酒ではないのでしょうか?

 

法律上では、22度以上は、リキュールという表示になります。

 

 

度数」と「濾してあるか」という点がポイントになっているのですね。

 

「清酒」を基本に考えると、「生酒」や「どぶろく」がどういう位置づけかハッキリします。

 

 

清酒は火入れをするけれど、生酒は火入れをしない。

 

清酒は濾す工程があるけれど、どぶろくは濾さない。

 

 

このように理解していれば、生酒だから、フレッシュなうちが飲みごろで、早めに飲んだ方が良いということが、わかるようになってきます。

 

 

お酒は一番そのお酒の美味しい飲み方を知って、美味しくいただくのもテクニックの一つです。

 

 

また、「清酒」は、ラベルに「日本酒」との表記でもOKとされており、「清酒」と表示のないものもあります。

 

「日本酒」とだけ表記がある場合は、「清酒」です。「清酒」の中にも、「大吟醸」、「純米吟醸」、「純米酒」など、8種類ほどに分類されています。

 

 

これは、原料屋お米の精米歩合で分類されています。

 

 

次の段階としてこういったことも押さえていくと、お酒のラベルを見るのが、とても楽しくなりますよ!

 

 

そして、意識して飲み続けていくと、自分の好みのお酒というものを探しやすくなります。

 

 

闇雲に手当たり次第飲むより、ずっと近道ですよね!

 

 

まとめ

 

 

日本酒という同じカテゴリー内にも、清酒、生酒など製法によって分かれているのがわかりました。

 

ポイントは、「火入れ」しているか?度数は何度か?濾してあるか?です。

 

 

生酒」にとても興味が湧きませんでしたか?

 

 

現地まで趣いて、飲むというのもなかなか乙ですよね?

 

 

生酒は旅行先などでぜひ、トライしてください!

 

 

 

「酒」と言えば、昔は普通に日本酒を指していた時代とは違い現在は、色々な国のお酒が飲めるようになりました。

 

 

その中で、日本酒は今、敬遠されている状況です。

 

 

ですが、先日外国人の友人と飲む機会があって、日本酒を飲んだのですが、友人は日本酒を口にして、とても感動していました。

 

 

自分はワインが一番好きだけど、それよりも勝ると言っていました。

 

 

なんだかとても嬉しかったです。

 

 

日本人である私たちが、日本酒について知らないことは、すごく悲しいことだと思います。

 

 

ぜひ日本酒を身近に感じられるように色々なことを知って、たまにでもいいのでビールの代わりに日本酒を飲みましょう。