お酒の正しい飲み方を、本気で考えたことがある人はどのくらいいるでしょうか?

 

 

誰しも悪酔いをして、苦い経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

人に迷惑をかけようものなら、かなり落ち込みますし、人間関係にも影響を及ぼすかもしれません。

 

 

あの人とは飲みに行きたくないと思われたら、悲しいですよね。

 

 

若いうちは許されるかもしれませんが、大人になって同じことをしていたら呆れられてしまいます。

 

 

気をつければ簡単なことですので、出来るだけ習慣づけてしまいましょう。

 

 

少しの気遣いで危険を回避できますから、「自分はお酒が良いからダメなんだ・・」とあきらめないで挑戦してみましょう!

 

 

食事と一緒に!これが基本!

 

 

胃の中に何もない状態でお酒を飲むと、アルコールの吸収が早くなり、酔が早く回ってしまいます。

 

 

食事と一緒に飲むことで、胃の中の食べ物が粘膜の上に層を作り、クッションとなることで胃が荒れるのを防いで、アルコールの吸収も遅らせることが出来ます。

 

 

お酒のペースも遅らせることも良い一因です。

 

 

さらに、どのような食べ物が良いかというと、胃腸の粘膜を保護する効果のある、脂肪分の含まれるチーズ

 

 

飲酒時は、アルコールによってミネラルやビタミンが不足するので、それらのものを補うという点で、野菜類

 

 

また、アルコールを分解する肝臓は、タンパク質を必要とすることから、タンパク質の豊富な食べ物がおすすめです。

 

 

飲酒後は、アルコール分解を助ける果物などを取ると良いでしょう。柑橘系の果汁が入ったジュースもおすすめです。

 

 

水を一緒に!

 

 

 

ビールを1〜2杯飲み終わると大体の人が、焼酎、日本酒、ウイスキーなどを飲み始めます。

 

 

このようなアルコール度数の高いお酒は、胃腸への刺激が強い上に、血中アルコール濃度が早く上がるので酔いが回りやすく、肝臓への負担が高まります。

 

 

そのような時におすすめなのが、「チェイサー」(水)です。

 

 

アルコールによる胃の刺激を和らげる効果があります。

 

 

日本酒や焼酎に添える水のことは、「和らぎ水」(やわらぎみず)といいます。

 

 

両方ともお水に格好良い名前がついていますが、「お水も一緒にください。」と言えば大丈夫ですので、一緒に頼むことを習慣にしてください。

 

 

私もこれはいつも実践しています。

 

 

例えば焼酎一杯飲んだら、同じペースでグラス一杯の水もなくなるように飲んでいます。

 

 

焼酎だけで飲んでいた時より、酔いの回りが確実に遅くなりますのでおすすめです。

 

 

運動には気をつけて!

 

 

気持ちはわかるのですが、運動後にビール、飲みたくなりますよね?

 

 

ですが、飲酒前後の運動は控えましょう!飲酒後に運動をすることは、心臓に負担をかけてしまうので良くありません。

 

 

イメージとしては、汗をかいてアルコールが抜ける感じがしますよね?

 

 

これはとんでもない誤解ばかりかその逆です!脱水症状になる恐れもあるのです。

 

 

お酒は利尿作用により、飲んだ分以上に水分が出ていってしまします。

 

 

ただでさえ、このような状態なのに、運動をして積極的に汗を出してしまえば、どうなるか想像できますよね?

 

 

アルコールの代謝物であるアセトアルデヒドは、汗によって体から抜くことは出来ません。

 

 

 

そして、血液は運動中、筋肉に集まるようになっており、肝臓によるアルコール代謝機能が遅れてしまい、なかなか酔いもさめません。

 

 

また飲酒前の運動も、脱水症状という点で同じです。

 

 

 

また、血流が良くなった状態でアルコールを摂取すると、アルコールの回りが早くなり、こちらも悪酔いの原因となってしまいます。

 

 

運動する日は、前後にお酒を飲むのはやめましょう!

 

 

 

私も苦い思い出があるのですが、友人とマラソン後にイタリアンでワインを飲みました。

 

 

もう嫌な予感がしますよね?

 

 

そのあとに、自転車に乗ったのですが、友人は自転車で転んでしまいました。

 

 

酔いが回ってしまい普段出来ることでも、出来なくなってしまうのです。

 

 

その後もフラフラで、気をつけてあげれば良かったなと後悔をしました。

 

 

正しい知識を身につけるということは、自分だけでなく人を救うことも出来るので、ぜひ覚えて実践していただきたいと思います。

 

 

飲みすぎに注意!

 

 

 

当たり前ですが正しい飲み方として、「飲み過ぎ」はダメです。

 

「飲み過ぎ」とは、「アセトアルデヒド」が肝臓で十分に処理されないことです。

 

 

アセトアルデヒド」とは、なんでしょうか?

 

お酒を飲むとアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に変わります。

 

 

これには毒性があり、二日酔いの原因となります。

 

 

これをどうするかということなのですが、アセトアルデヒドは、肝細胞中に存在する「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」という酵素によって、体に外を及ぼさない酢酸に分解されます。

 

 

このALDHの働きが弱ければ、アセトアルデヒドの毒性は分解されませんので、二日酔いや悪酔いの状態となります。

 

 

ALDHの働き具合は、人によって違うので、アルコールを分解出来る自分のお酒の「適量」を知ることが大事です。

 

 

「適量」を知るには、自分で飲んだ量をきちんとチェックするしかないです。

 

 

漫然と飲んでいても同じ失敗を繰り返すだけなので、こっそり数えながら飲みましょう!

 

 

飲み会が盛り上がってきて、ついつい飲みすぎてしまうことは誰にもあります。

 

 

問題はそれをどう工夫し、どう乗り越えるかです。

 

 

メンバーをみて作戦を立てるとか、ある程度事前の作戦、何を飲むかや、何時に帰るかなど、考えておいても良いかなと思います。

 

 

この時間が一番重要です。帰る時間を決めてしまいます。

 

 

例えば12時までなら12時でしっかり帰宅しましょう。

 

 

長時間飲んでもあとは、地獄が待っているだけです。

 

 

自分がダメになるか、あるいは人の世話をすることになるか、どちらかでしょう。

 

 

どちらも嫌ですよね?私も仲の良い友人と飲む時は、ダラダラ飲んでしまう時がありますが、楽しいうちに帰るのがどうもいいようですね。

 

 

または帰るきっかけ作りに一次会を2時間程度で終了し、「もう一杯だけ別で飲んでから帰ろっか?」と提案すればそう長引くことはありません。

 

 

まとめ

 

ほんの少しのことで、酔っ払い度は、グッと変わります。

 

 

今回ご紹介したことは、基本的な正しい飲み方ですが、自分でどんどん酔いにくいアイテムや行動を学んでいけば、より悪酔いしにくくなりますね。

 

 

たとえば、肝機能の助けをする「ウコン」を飲むとか、お箸が進むように、お食事の美味しいお店に行くとか、アイデア次第でいくらでも正しい飲み方にプラスして、こういう知識も覚えていけば、より良いお酒ライフを送ることが出来るでしょう。

 

 

今回ご紹介した基本をもとに、ご自分でも工夫をして、楽しみながらチャレンジしていってください!