皆さん、3Mって知ってますか?

 

付き合っちゃいけない男の3B…なんてものは良く聞きますが、焼酎の3Mを聞いたことがある人って少ないんじゃないでしょうか?

 

3Mというのは価格も高く、市場に出回ることの少ない、頭文字が偶然にもみんなMの芋焼酎のことなんです!

 

では3Mはどの焼酎で、どんな味がするんでしょうか?

 

早速見ていきましょう!

 

 

魔王

 

画像引用元:白玉醸造合名会社

 

 

魔王は聞いたことがある方が多いんじゃないでしょうか?

 

焼酎なのになんで魔王?と思う方、いらっしゃると思いますが、「天使を誘惑し、魔界の王へ最高の酒を調達・献上する悪魔たちによってもたらされた特別なお酒」というなんとも不思議な由来があるんです。

 

 

芋焼酎というのは本来癖があって匂いが強くて、好き嫌いが分かれやすい焼酎ですよね。

 

私自身も元々は芋焼酎の匂いや味がどうしてもダメで飲めなかったんです。でも仕事の席でどうしても断れなかったことがあって、その時に飲んだ芋焼酎が魔王でした。

 

びっくりしたんですが、魔王ってとっても飲みやすいんです!

 

あんまり芋っぽくなくて、フルーティーな感じがするともよく言われます。

 

それは作り方が関わっているそうで、どうやらブランデーやウイスキーのように長期間熟成した結果このような味わいが生まれるんだとか。

 

とっても飲みやすいお酒なので、是非一度試してみてほしいです♪

 

 

森伊蔵

 

画像引用元:有限会社森伊蔵酒造

 

森伊蔵は「幻の焼酎」とも呼ばれています。

 

それは森伊蔵を作っている酒造、森伊蔵酒造さんの想いや熱意がこめられているからなんです!

 

森伊蔵酒造さんは一度破産の危機に陥ったことがあるそうです。

 

その時の頭首であった四代目の方は「残されたものは伝統の技と蔵に住み着いた酵母しか無い」と思い、少ない量であっても良いものを作ってきたそうです。

 

そして次の代も次の代もその思いを受け継いで、いくら名が売れても量産するのではなく、少量であっても品質と味わいを守り続けることを大事にしているそうです。

 

ですので、森伊蔵は入手が大変難しいことからプレミア焼酎と呼ばれるようになったそうです。

 

想いが詰まっていてとても素敵ですよね♪

 

さて、ではお味が気になりますよね!

 

 

 

辛みや甘みがバランスよく、口あたりがまろやかで、とても上品な味がします!

 

後味もスッキリしていて、人によっては少し物足りないな?と思ってしまう人もいるそうですが…。

 

それも高級故の上品さなんでしょうね☆

 

是非一度飲んでみてください!!

 

 

 

村尾

 

画像引用元:カインズオンラインショップ

 

 

本格長期熟成された焼酎、村尾。

 

こちらの村尾は、村尾酒造の頭首の方が一人で、原料を買うところから製造まで全て担っているそうです。

 

必要とあれば配達も行うそうです…。

 

そのためこちらの村尾は製造数も少ないのですが。

 

村尾酒造の村尾さんは「焼酎の天才」と呼ばれています。

 

そんな方が丹念込めて作ったお酒は、もちろん絶品と評価され焼酎好きの方々に愛されています。

 

でもやっぱり入手することは難しいです。

 

 

因みにこちらの村尾は西郷隆盛も好んで飲んでいたそうです。

 

歴史が好きな方も是非一度飲んでみていただきたいですね♪

 

芋焼酎ってまったりとしていて、なんだかあまりサッパリした感じは感じられないですが、村尾はスッキリとしていて飲みやすく、とにかく美味い!と評判のお酒です。

 

スッキリとは言っても、芋の風味はしっかりと感じられるのが村尾の最大の特徴。

 

芋の香りが「香ばしい」と感じるなんて、なんだか不思議ですよね。

 

入手するのが難しいとはわかっていても焼酎が好きだ!
という方は絶対一度は飲むべき焼酎だと思っています!

 

 

 

鹿児島のスリートップ、魔王、森伊蔵、村尾についてまとめてみました!

 

いずれもプレミア焼酎と呼ばれていて、値段もあまりやすくはなくそう簡単には手に入れることが出来ません。

 

 

ですがハードルが高ければ高いほど飲みたい!という気持ちになってしまいますよね(笑)

 

 

どれも個性があって、想いが詰まっていて、すごく魅力を感じてしまいます。

 

プレミア焼酎という名ばかりではなく、そこにストーリーがあるのは本当に素敵なことですし、丁寧に丹念に作られたお酒はやっぱりとても美味しいですよね。

 

 

是非みなさんも探してみてくださいね!