みなさんは、ウイスキーを日常的に飲みますか?

 

 

飲み会などでも、圧倒的に少ないウイスキー愛好家。

 

ウイスキーは、年配のおじさまだけのものではありません!

 

 

ここでは、ウイスキーがどのようなものかと、銘柄をいくつかに絞ってご紹介します。

 

どのようなものかを「知る」ということが重要なのです。

 

 

知らなければ興味も湧きませんし、飲んでみようという気にもなりません。

 

 

ぜひ、どのようなものかを知って、世界を広げていきましょう!

 

 

最初に、安価なウイスキーを飲んで、挫折するよりも、思い切って高級なものからトライして、本物を味わってみましょう。

 

 

また、ウイスキーは贈答品として、お酒好きの方には、とても喜ばれます。

 

ウイスキーについて、基礎知識を身につけておけば、プレゼントを選ぶときにも、役に立つことでしょう。

 

 

ウイスキーの種類

 

 

ウイスキーには、麦芽だけを原料とした「モルトウイスキー」と、トウモロコシなどの穀物を原料にした「グレーンウイスキー」の二つに分かれます。

 

また、さらにその二つを混ぜ合わせたものが「ブレンデッドウイスキー」です。

 

 

「世界の五大ウイスキー生産国」は、

 

・スコットランド(スコッチウイスキー)

 

・アイルランド(アイリッシュウイスキー)

 

・アメリカ(アメリカンウイスキー)

 

・カナダ(カナディアンウイスキー)

 

・日本(ジャパニーズウイスキー)です。

 

 

技術、品質、生産量などの面で優れており有名です。

 

この辺は、基本事項なので頭に入れておきましょう。

 

 

それぞれ特徴がありますので、それを意識しながら試飲していくと良いでしょう。

 

 

初心者におすすめ「カナディアンクラブ20年」

 

 

カナディアンクラブ」は、その名のとおりカナディアンウイスキーを代表する有名なウイスキーです。

 

原酒の作り分けを行っているのがここの特徴です。

 

トウモロコシ等を原料にライトでマイルドな味わいの「ベースウイスキー」、ライ麦、トウモロコシ、ライ麦芽、モルトを原料に連続式蒸留器での蒸留後、単式蒸留器で作る濃厚な味わいのフレーバリングウイスキー「スタースペシャル」、一搭式連続蒸留器で作るリッチで果実のような味わいの「スター」というように、複数の材料と蒸留法で、原酒を作り分けています。

 

多くのブレンデッドウイスキーはある程度の期間熟成させたあとの原酒同士をブレンドしますが、カナディアンクラブは蒸留したてのニュースピリッツの段階でフレーバリングウイスキーとベースウイスキーをブレンドし、そのまま樽に詰めて製品を熟成させます。

 

 

これは「プレ・ブレンディング」といいます。

 

 

はじめから混ぜ合わせることで、味がなじんで、独特のまろやかさになります。カナディアンウイスキーで「プレ・ブレンディング」を行っているのは「カナディアンクラブ」のみです。

 

 

私が最初にウイスキーという未開拓のお酒に興味を持ったのは20代の頃で、その時にチョイスしたのが、たまたま「カナディアンクラブ」でした。

 

 

その時は、「なんだ!こんなに飲みやすいんだ!」といった感じでした。

 

 

たくさん飲んでも悪酔いせず、しばらくは、このお酒の魅力に、はまってしまいました。初心者、女性におすすめです。

 

 

シングルモルトのロールスロイス「ザ・マッカラン」シェリーオークシリーズ

 

 

スコッチウイスキーの代表選手「ザ・マッカラン」の原料は、とてもシンプルです。

 

大麦、近くの泉の湧水、イースト菌のみです。

 

 

水はウイスキーにとっては命です。

 

 

長い間、山や渓谷を通じて濾過されてきたこの湧水は、軟らかくてピュア、ミネラルも豊富で、イースト菌が麦汁を発酵させるのに最適なのです。

 

 

小さな蒸留器から作られるニュースピリッツ。

 

 

その中の最も上質なものだけが、「ザ・マッカラン」の原酒となります。

 

 

その量はわずか16%と言われます。

 

すごいこだわりようですね!

 

 

また、シェリーオークシリーズのウイスキーは、当然シェリー樽を使用します。

 

 

この蒸留所は、実は自らが作成した樽をシェリーメーカーに貸し出し、シェリーが熟成したあとの樽を、「ザ・マッカラン」の熟成に使用します。

 

 

この樽を使用することで、独特の甘い香りを生み出せるのです。

 

 

現在はシェリーメーカーが減っており、シェリー樽が不足しています。

 

 

「ザ・マッカラン」の特徴としては、シェリー樽ならではの上品な甘みとまろやかさ、そして、香りが大変!良いです。

 

 

言葉で表現するのは難しいですが、とても華やかな香りがします。ぜひ、お試しください!

 

 

日本も負けていない「山崎12年」

 

 

最後になりましたが、日本も五大ウイスキーの一つなのですね!

 

 

日本を代表するシングルモルトウイスキーです。

 

それも先人たちの努力によるものです。

 

 

1923年(大正12年)に設立された「サントリー山崎蒸溜所」で、1984年に「山崎」は作られました。

 

「山崎」の特徴としては、まず香り

 

甘いバニラ香と果実、幾重にも広がるその香りは芸術の域です。

 

 

品薄ですので、見かけたら買っておいて間違いはないでしょう。

 

 

私は日本国民として恥ずかしながら、日本のウイスキーは、実は飲む気がしませんでした。

 

 

そういう人は意外と多いのではないでしょうか?ウイスキーは元々外国から来たものだし。

 

 

しかし、飲んでみて感動を隠せませんでした!

 

 

やっぱり日本人の探究心は、すごいなと思いました。自信をもって外国の人にも勧めてください!

 

 

まとめ

 

焼酎や日本酒は、なんだかんだで飲んだことがある人は多いと思います。

 

ウイスキーは、その一歩向こう側に位置していて、なかなか踏み出せない人もいることでしょう。

 

 

ここでご紹介させていただいたウイスキーを飲んでみて、ぜひ丁寧に味わっていただきたいと思います。

 

 

ウイスキーを知れば、そこからブランデーやシェリー酒など、また次の広がりが出てきます。

 

 

一つ一つ理解していき、人に説明してあげることで、クールな大人の仲間入り!

 

 

まずは、自分が美味しいと思えるウイスキーを探すところから始めましょう!